サッカーの移籍市場 代理人が大活躍

選手の移籍は代理人次第

日本の国内サッカーリーグ「Jリーグ」でも、J1、J2、J3とありクラブ数は50を超えるチームが登録されています。海外リーグも合わせると膨大な数のクラブ数があります。数多いクラブの中で毎年のように移籍が見られますが、これは選手自身が他クラブからオファーを受けて契約業務までしているわけではありません。

数多い移籍などをクラブと選手の間に入り仲介してくれる「代理人」が存在しており、その代理人が色々と契約をまとめてくれます。また、代理人は選手の希望するクラブへのオファーを獲得してきたり、移籍先を探すといったこともします。現代のサッカー業界には、この代理人が必要とされています。海外では一般的となっている代理人ですが、Jリーグでは2015年度からこの代理人制度が導入されました。

Jリーグの代理人は「仲介人制度」と呼ばれ、Jリーグで仲介業務を行うには日本サッカー協会に登録しなければ実施することはできません。しかし移籍などの作業を専門として対応する代理人は、スムーズに移籍を進めるうえで必要不可欠な存在となっています。代理人の腕でよりよい移籍先が見つかるといっても過言ではありません。だいたい仲介手数料は、移籍金の1割が代理人の報酬になります。トップクラスの代理人になると、移籍の仲介手数料として億単位で報酬を得る人もいます。移籍マーケットで多くの選手とクラブを仲を取り持ち、かつ高額な移籍を引き出すことができるのも代理人のなせる技です。代理人が活躍しなければ、活発な移籍マーケットは生まれてきません。その移籍マーケットの中で複数の選手の移籍に絡むことができるので、代理人は稼ぐことができるのです。

Menu